日本人の卵子ドナーによる海外での卵子提供プログラム。短期間での卵子提供・費用など、お気軽にご相談ください。

  お問い合わせ

不妊マウス、3Dプリント卵巣を移植して出産に成功

「不妊マウス、3Dプリント卵巣を移植して出産に成功」

不妊治療に新たな希望です。

ボストンでの内分泌学会でノースウェスタン大学が発表した研究が衝撃の内容となっています。

3Dプリンターを使って人工の卵巣を作り、手術により卵巣を取り除いたマウスに移植したところ、マウスは健康な子どもを妊娠・出産、育てることができたそうです。

卵巣を取り除いたマウスにこの人工卵巣を移植することで、女性ホルモン周期も復元されたとのこと。

動物性コラーゲンによるゼラチン素材の構造を3Dプリンターで作り出し、そこに卵母細胞とホルモンを生成する細胞など関連細胞が含まれている卵胞を移植、バイオプロテーゼ(人工臓器などを指す)を作り出しました。

原文はこちら: http://www.gizmodo.jp/2016/05/infertile-mice_give-birth3d.html

 

医学の進歩には毎回のことながらびっくりさせられますね。

今では当たり前のように受け入れている体外受精も、20年前はびっくりした人達もたくさんいたことでしょう。

そう思うと、この医学の技術は20年後驚くことではなく、どこでも受けれる治療のひとつになっているかも。

 

この記事に関連する記事があります。