日本人の卵子ドナーによる海外での卵子提供プログラム。短期間での卵子提供・費用など、お気軽にご相談ください。

  お問い合わせ

第2子以降の不妊治療に対し助成を開始

現在市や県によって不妊治療に対し様々な助成があります。

今回のニュースは札幌市にて第2子以降の不妊治療に対し「通算3回または6回、1回あたり最大15万円を出す」という助成金に関してです。

助成金を受けるには以下の条件があります。

・特定不妊治療以外では妊娠の見込みが極めて少ないと診断され、札幌市が指定する医療機関で特定不妊治療を受けていること。
・治療の開始時に法律上の婚姻をしている夫婦であり、夫婦のいずれかが札幌市内に住民登録をしていること。
・夫婦の前年の所得(1月~5月の間に申請する場合は前々年の所得)の合計額が730万円未満であること。
・治療開始時における妻の年齢が43歳未満であること。

助成の回数は奥様の年齢によって異なります。

妻の年齢 助成回数
40歳未満 通算6回
40歳~43歳未満 通算3回
43歳以上 対象外

 

 

 

 

 

詳しくは札幌市のホームページをご参照ください。

http://www.city.sapporo.jp/eisei/funin/josei.html

体外受精・顕微授精は医療保険が適用されないため、高額な医療費となってしまいます。

医療費の負担により、不妊治療をあきらめるケースも少なくないので、こういった助成金が増えるといいですね。

この記事に関連する記事があります。