日本人の卵子ドナーによる海外での卵子提供プログラム。短期間での卵子提供・費用など、お気軽にご相談ください。

  お問い合わせ

妊娠中でも温泉はOK!でも気を付けたい注意点

今日は「温泉禁忌症「妊娠」除外を 半数超の施設で掲示」という記事を見たので、妊娠中の温泉についてお話いたします。

 

温泉は病気の症状によっては避けた方がよいとされており、温泉施設などではいろいろな注意書きを目にすることがあります。

2014年まではその中に「妊娠されている方」も含まれるケースが多かったのですが、環境省が温泉が妊婦に与える悪い影響は「科学的根拠がない」とし、各温泉施設に修正を呼び掛けておりました。

ただ、残念ながらいまだ多くの温泉施設では「妊婦」の入浴は「禁忌症」の一つとされています。

 

身体的悪影響はないと判断されましたが、妊婦が温泉に入る時の注意点はあります。

妊娠初期の場合、体調を崩しやすくまた出血しやすい時期です。

この時期に温泉に入ることによって体調を崩してしまうケースもあります。

また温泉の床は非常に滑りやすく、転んでしまう心配があります。

そういった様々なリスクもあるので、基本的に避けた方がよいと思うのですが、どうしても温泉に入りたい妊婦の方は以下の注意点を守るようにしましょう。

・長湯は避ける

・温泉にはだれかと一緒に入る

・体調に変化があったらすぐにやめる

・浴場を歩く際は、慎重にゆっくりと

この記事に関連する記事があります。