日本人の卵子ドナーによる海外での卵子提供プログラム。短期間での卵子提供・費用など、お気軽にご相談ください。

  お問い合わせ

不妊症と高度不妊治療(ART) ~体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI) の基礎知識

一般不妊治療と高度不妊治療(ART)

一般不妊治療とは、不妊の原因を調べてその原因に応じた治療を行い、できるだけ自然な形での妊娠をめざすものです。
自然な受精は卵管で成就しますが、いわば、治療を通じて「女性の卵管で妊娠を成立させる」ための治療といえるでしょう。
さまざまな検査によって不妊の原因を特定し、排卵誘発剤やホルモン剤などを使用して自然な形に近い妊娠をサポートしますが、基本的にはますタイミング療法を試み、次に人工授精へと進むのが一般的です。

これらの一般不妊治療を行っても妊娠がなかなか望めない場合は、次のステップとして高度不妊治療に切り替えます。
ただし女性の年齢が高い場合では、一般不妊治療に数年かけるよりもより若い年齢での妊娠をめざすために、早いタイミングで高度不妊治療へと切り替えることもあります。

高度不妊治療(ART)とは

高度不妊治療(ART)とは、卵子や精子を体外に採取して治療するもので、代表的な方法として体外受精(IVF)と顕微授精(ICSI)があります。対象となるのは一般不妊治療では妊娠が難しいご夫婦で、次のような不妊原因がある場合に高度不妊治療が行われます。

体外受精(IVF)

体外受精とは、「体の外」で卵子と精子を受精させて受精を確認したのち、ある程度発育した受精卵を子宮に戻す治療法です。
自然な受精は卵管で成就しますが、体外受精では卵管の状況に近い培養地で受精卵を育て、母体の子宮に移植します。

体外受精のステップ

  1. 採卵・採精
    女性では、排卵誘発剤を使用して数個の卵子を採取します。
    男性では、精子を採取し、その中から質の高い精子を集めます。
  2. 媒精
    シャーレの培養地に卵子と精子を置き、自然受精を待ちます。
  3. 培養
    受精を確認したあと、体内環境に近い環境で受精卵の発育を促します。
  4. 胚移植
    一定の期間、受精卵を培養し、分割卵または胚盤胞になった状態で、通常1~2個の受精卵を子宮内に戻します。

採卵から培養、移植のイメージ図

顕微授精(ICSI)

顕微授精とは、採取した卵子と精子が受精しにくい場合に、顕微鏡下で卵子の中に精子を注入し、確実に受精させる方法です。
治療のステップは体外受精とほぼ同じですが、受精の方法のみ異なります。
男性の精子の数が少ない、活動量が少ない場合や、卵子の受精力が低い場合にも用いられます。

不妊症と高度不妊治療