日本人の卵子ドナーによる海外での卵子提供プログラム。短期間での卵子提供・費用など、お気軽にご相談ください。

  お問い合わせ

不妊治療に関連する検査

不妊検査には種類があります

不妊検査には女性と男性の検査があり、さらに一般不妊検査と特殊不妊検査があります。
一般不妊検査は、不妊の原因を見つけるための基本的な検査で、男女ともすべての人が受けます。
特殊不妊検査は、さらに検査が必要と判断された方を対象として行われます。
不妊症の約半分は、その原因が男性側にあるため、男性も検査を受けることが必要です。
できればご夫婦そろって検査を受けることが望ましいでしょう。
妊娠を希望するなら女性ができるだけ若い時期の妊娠が勧められますので、「不妊かもしれない」と思ったら早めに検査を受けることが大切です。

一般不妊検査と月経周期

女性の一般不妊検査は、月経周期に合わせて行います。
下記の検査のほか、子宮頸がん検査や感染症の検査も合わせて行い、また必要に応じて検査項目を増やすこともあります。
また、基礎体温は卵巣の働きを知るための重要な項目となりますので、検査を受ける際には必ず基礎体温表を持参してください。

月経期に行う検査 超音波エコー検査(前胞状卵胞の計測)
ホルモン検査各種

卵胞期(低温期)に行う検査 超音波エコー検査(発育卵胞の計測)
卵胞ホルモン(エストロゲン)検査
子宮卵管造影検査
卵管通気・通水検査
排卵期に行う検査 超音波エコー検査(卵胞の計測・子宮内膜厚の計測)
頸管粘液検査
フーナーテスト(性交後試験)
黄体期(高温期)に行う検査 黄体ホルモン(プロゲステロン)検査
超音波エコー検査(子宮内膜厚の計測)

女性の一般不妊検査

超音波エコー検査

「経膣プローブ」という細い棒状の経膣超音波断層装置を膣内に挿入し、超音波によって検査を行います。子宮や卵巣の状態、卵胞の発育状態などを画像で観察することができ、子宮筋腫や子宮腺筋症、卵巣腫瘍などの診断もできます。

卵胞ホルモン(エストロゲン)検査

基準値であるかどうかを血液検査によって調べます。エストロゲンは卵巣から分泌される代表的な女性ホルモンで、卵胞の成熟や排卵促進、子宮内膜の増殖に関わります。

卵巣刺激ホルモン(FSH)検査

基準値であるかどうかを血液検査によって調べます。この卵巣刺激ホルモンは脳の下垂体から分泌され、卵胞の成長を促します。

黄体化ホルモン(LH)

基準値であるかどうかを血液検査によって調べます。この黄体化ホルモンは排卵期に大量に分泌されて排卵を促すため、排卵日の予測にも関係します。

黄体ホルモン(プロゲステロン)検査

女性ホルモンのひとつ、黄体ホルモンが基準値であるかどうかを血液検査によって調べます。このプロゲステロンは排卵後、子宮内膜を厚くして受精卵を着床しやすくし、妊娠を維持させる働きをします。

催乳ホルモン(プロラクチン)検査

基準値であるかどうかを血液検査によって調べます。このプロラクチンは脳の下垂体から分泌されるホルモンで、乳汁の分泌を促しますが、多く分泌されすぎると排卵障害を引き起こすことが知られています。

甲状腺ホルモン(T3・T4・TSH)検査

ホルモンの働きとバランスを調整する働きのある、甲状腺の働きを測定します。T3,T4、TSHの3種の甲状腺ホルモンが基準値であるかどうかを血液検査によって調べるほか、必要に応じて甲状腺自己抗体である抗マイクロゾーム抗体を調べる「マイクロゾームテスト」を行います。

子宮卵管造影検査

子宮内部へカテーテルを入れ、造影剤を注入し、X線撮影を行います。この検査では、子宮や卵管の状態、卵管周辺の癒着の有無がわかります。

卵管通気・通水検査

卵管が詰まっていないか、正常に通じているかどうかを調べる検査です。子宮口から炭酸ガスや生理的食塩水を注入し、子宮腔から卵管へと通して、腹腔から流れ出るかどうかを調べます。

頸管粘液検査

精子を子宮内に誘導する頸管粘液の分泌量・透明度・粘度などを調べます。

フーナーテスト(性交後試験)

夫婦生活のあと、精子が頸管粘液の中で運動しているかどうかを調べます。男性不妊、頸管粘液の不足、女性側に精子に対する抗体があるかどうか、などがわかります。

女性の特殊不妊検査

一般不妊検査で異常が認められた場合、また原因が特定できなかった場合には、必要に応じて特殊不妊検査を行います。特に病変が疑われる場合や、高度不妊治療の体外受精・顕微授精へのステップアップ前に行うケースが多くなります。

腹腔鏡検査

卵管や卵巣の周辺の異常を正確に把握するための検査で、腹部に小さな穴を数カ所切開し、内視鏡を挿入してモニター画面で診察します。全身麻酔が必要となるため、通常、3日程度の入院が必要となります。

子宮鏡検査

膣から細い内視鏡を挿入し、子宮内部をモニター画面で診察します。子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの異常や病変を把握することができます。

卵管鏡検査

卵管の閉塞が疑われる場合に行う検査で、内視鏡を子宮内の卵管開口部から卵管内へ挿入し、モニター画面で診察します。軽度の閉塞があった場合には、カテーテルという細い管を通し、先端についたバルーンを膨らませて卵管を広げたり、通りをよくしたりすることも可能です。

抗精子抗体検査

一般不妊検査のフーナーテスト(性交後試験)を何度か繰り返しても、結果が良好ではない場合に行う検査です。抗精子抗体とは、精子を異物とみなして攻撃する抗体のことで、不妊に悩む女性の3%が持っているといわれています。万一、女性側がこの抗体を持っていることが判明した場合は、体外受精へのステップアップが勧められます。

染色体検査

染色体の異常による不妊や流産の原因を検査します。血液中のリンパ液を培養し、染色体に異常がないかどうかを調べます。

AMH(アンチ・ミューラリアンホルモン)検査

近年、注目されているホルモンで、発育途中の卵胞から分泌されます。このホルモンの値により、卵巣内にどれくらいの「卵子の元」が残っているかがわかると考えられています。

男性の一般不妊検査

一般精液検査

男性の最も基本的な検査で、4~5日の禁欲期間のあとに採取した精子から、精液量・精子濃度・運動率・奇形率・生存率・白血球数などを検査します。

ホルモン検査

男性の生殖に関わるホルモンである男性ホルモン(テストステロン)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)、催乳ホルモン(プロラクチン)などの値が基準値であるかどうかを血液検査によって調べます。

男性の特殊不妊検査

一般不妊検査で異常が認められた場合は、必要に応じて特殊不妊検査を行います。

精巣組織検査

一般不妊検査で無精子症や乏精子症が疑われる方に対して行う検査です。精巣組織の一部を採取して精子の有無や精子を作る機能を調べます。腰痛麻酔で行いますので、入院が必要です。

精管精嚢造影検査

精管の閉塞を調べる検査で、精嚢をわずかに切開し、造影剤を注入してX線撮影をします。入院が必要です。

染色体検査

男性の染色体異常が不妊の原因になるケースもあります。血液中のリンパ液を培養し、染色体に異常がないかどうかを調べます。

不妊症と高度不妊治療